再生医療の力でひとりでも多くの命を守りたい。

We research longevity from bench to bed.

料金表

なぜ私たちがNKT細胞標的治療を選んだのか。

院長の古賀祥嗣は現在、総合病院の副院長でもあり、1989年から泌尿器科医師として30年以上癌治療(保健診療)に従事しています。その古賀が自由診療である、免疫細胞療法を行うことは当初は考えれないことでしたが2016年より再生医療にも取り組む中でNKT細胞標的治療の様々なケーススタディを経て2021年4月からソラリアクリニック東京NKT再生医療センターにて実際にNKT細胞標的治療を開始、検証した結果、NKT細胞標的治療だけに頼らず、いわゆる標準治療(手術、放射線治療、抗がん剤)にNKT細胞標的に治療を組み合わせることで、より良い結果を得ることが出来る人が少なからずいるということでした。NKT細胞標的治療に加え、癌悪液質を改善する乳歯歯髄幹細胞培養上清や幹細胞治療を用いて1人でも多くの人のQOLを改善、維持し1日でも長く家族と過ごす時間を伸ばしたい。それがソラリアクリニック東京NKT再生医療センターの願いです。

治療の流れ